ポスター

新型コロナウイルス対策まとめ

ポスター

内閣府、厚生労働省の感染症対策まとめ申した。

勿論のこと、しっかり書いてありますが、長くて・・・すべて目を通すと右から左へ抜けていきそうな気がいたすので、抜粋してまとめさせていただく。

原文読みたき御仁はこちらで。

内閣官房「新型コロナウイルス感染症の対応について」
厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」

外出避ける意味とは

兎にも角にも

換気の悪い「密閉空間」
多数集まる「密集場所」
近接会話の「密接場面」
の3つの「密」を避けるべし!

特にこの3つ重なりし状況を避けるだけでかなりの重症化を防げる。

よって、不要不急の外出避けましょうというわけか。

対策

「手洗い」
「咳エチケット」
他に睡眠、食事、適切な湿度

が主でござった。

ウイルスが熱やアルコールに弱いことはわかっているので手洗いの後は必ず消毒。

咳エチケットなんてここ1ヶ月くらいで初めて耳にしたが、飛沫感染を防ぐため。とにかく空気中に撒き散らさぬようにということ。

咳やくしゃみ多き人は要マスク。なければハンカチや手ぬぐいなどで抑える。

発熱せし場合

現在は増加傾向にあるものの、発熱してもコロナ以外の病気の場合が圧倒的に多いそう。慌てずにかかりつけ医に相談するべし。

・風邪の症状、37.5℃以上が4日間以上続いている
・だるさ、息苦しさがある
・上記2つ併せた症状が2日以上続く場合
→帰国者・接触者相談センターに連絡 都道府県リンク

症状聞いて
疑いなし→通常通りかかりつけ医に
疑い有り→所定のところでPCR検査(公共機関を避ける)

潜伏期間は1〜14日とされ、一般は5日くらいだと。
ただ毎日増加の報せしか見ぬからいつからかはもうわかりませぬけどね!!

感染経路

飛沫感染(咳などで出たウイルスを口や鼻から吸い込む)
接触感染(咳などを手で抑え、そのまま他のものに触り、他人が触り、感染)

の2パターン。接触感染はつり革とかドアノブとか、、全部防ぐのは難易度高し・・・

ペット→人 事例なし
荷物→人 事例なし 荷物などには長く生きていられないそう
食品そのもの→人 事例なし

ただ生あるいは加熱不十分の動物の肉、肉製品の消費は避けるべし。

それを扱う人からの飛沫感染、接触感染は有りうるから混同せぬしませぬよう!!

家族の疑いが出た場合

(1)部屋を分ける
食事や寝るときも別室。
子どもがいる方、部屋数が少ない場合など、部屋を分けられない場合には、少なくとも2m以上の距離を保ったり、仕切りやカーテンなどを設置することをお薦め。寝るときは頭の位置を互い違いになるように。

(2)感染が疑われる家族のお世話はできるだけ限られた方で。

(3)マスクをつける
使用したマスクは他の部屋に持ち出さない。
マスクの表面には触れない。外す際には、ゴムやひもをつまんで外す。
外した後は必ず石鹸で手を洗う(アルコール手指消毒剤でも可)。
マスクが汚れたときは、新しい清潔な乾燥マスクと交換してください。マスクがないときなどに咳やくしゃみをする際は、ティッシュ等で口と鼻を覆う。

(4)手を洗う
こまめに石鹸で手を洗い、アルコール消毒。洗っていない手で目や鼻、口などに触れない。

(5)換気
部屋は定期的に換気。共有スペースや他の部屋も窓を開けましょう。

(6)手で触れる共有部分の消毒
物に付着したウイルスはしばらく生存する。
ドアの取っ手やノブ、ベッド柵など共有部分は、薄めた市販の家庭用塩素系漂白剤で拭いた後、水拭き。

トイレや洗面所は、通常の家庭用洗剤ですすぎ、家庭用消毒剤でこまめに消毒。

タオル、衣類、食器、箸・スプーンなどは、通常の洗濯や洗浄でよい。
感染が疑われる家族の使用したものを分けて洗う必要はない。
洗浄前のものを共有しない。
特にタオルは、トイレ、洗面所、キッチンなどで共有しないように。

(7)汚れたリネン、衣服を洗濯
体液で汚れた衣服、リネンを取り扱う際は、手袋とマスクをつけ、一般的な家庭用洗剤で洗濯し完全に乾かしてください。
※糞便からウイルスが検出されることがある。

(8)ゴミは密閉して捨てる
鼻をかんだティッシュはすぐにビニール袋に入れ、室外に出すときは密閉して捨て、その後は直ちに手を石鹸で洗う。

参考)一般社団法人日本環境感染学会ホームページ
http://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/dokyokazoku-chuijikou.pdf

治療法

抗ウイルス薬はまだできておらず、症状を緩和させる対症療法が行われている。

治癒判断

発熱や咳がなくなり、鼻腔や気管からウイルスが検出されなくなったら治癒したとの判断。

再燃!?

退院した直後再燃し、重症化に至るという場合や、PCR検査は陰性だったのに重症化したりという場合は、

検査時まだウイルスが少なく、後に増えて症状に現れることがあるという。

経過観察が大事やも。

感染者の8割が他人に感染させていないという数字も有り、換気不十分なところにいた感染者が多くの二次災害を出しているかもとのこと。

3つの密を避けましょうとのことでござった。

自分は軽症でも感染した人が重症であることがあるそう!!

おのおのがた!!自分さえよければの考えは今はちょっと待つべし!

お気をつけなされよ!!

・・・今日はこれにて鎖国!!