初インプラント。

いよいよ

個人的な今年の大行事の一つ「インプラント」をしてまいった。

そんなお話。

昨日のごはん

昨日はエレンタール2包。夜は具なしのみそ汁とか味なしヨーグルトとか退院したての食事を思い出した。

若いころのツケ。

「金がない」という理由でいろんなケガとか病気をガッツだけで乗り切ろうとしていた若き頃。虫歯もそう。健康に無頓着なので好きな時間に食べそのまま寝てを繰り返す。寝る前に歯磨きすればいいほうだったのではないだろうか。

左の下の奥歯が水飲んでもしみちゃうくらいまで放置し、行ったときには神経抜いて歯の半分以上削る羽目になった20代中ごろ。そこから銀歯つけちゃあちょっと削りを繰り返し

「なるべく除去するようにしますが、場所によっては抜かなきゃならないかも」

と言われたのが今年初め。

結局虫歯が深く、削っちゃうと歯が割れちゃうので抜歯。

親知らず以外で初めての抜歯。

こうしてどんどん歯はなくなっていくのだなあ。そういえば寺子屋の保健室に80歳までに20本の歯を残す「8020運動」の張り紙貼ってたなあとかふと思い出した。

先生から聞いて驚いたが、歯を抜くと当たるほうの歯が相方を探して伸びてきちゃうみたい。

そんなことあるんだ!と感心しつつ、その対処しなきゃならぬので候補は3つ

①入れ歯
②当たる歯の前の歯と銀歯で覆ってくっつける
③インプラント

一番奥なので、前後の歯を削って橋渡しのように歯を固定する「ブリッジ治療」というやつができない。

①の入れ歯はあまりお勧めされず、②の銀歯で前とくっつけるのは保険適用でできるのだが、銀歯から虫歯になるのがどうも気になってそれは選択肢としてはあまり考えなかった。

そしてのインプラント。

正直高い。キツイ。ただこの先の人生を考えたときに口腔環境整えておくことがクローン病落ち着かせてくれることにつながるかもしれないし、他の病気も防ぐ可能性がある。ただ金属との親和性とかそういうことも考えだすとキリがないので、

やってみようと思った。

パーツは3つあり、

歯に埋め込む部分、かぶせもの、この二つをくっつけるやつ

それぞれにグレードがあるがどれも一番安いやつ。。これも金持ってたらなあとか思いながらしぶしぶ。

しかし抜歯してすぐ入れるわけではなくて、骨や皮膚が治ってきて、埋めるのに十分な骨があるかとか判断しなきゃいけなくて、具体的に動いてきたのは抜歯してから半年たってから。

固定するボルトを打てないくらい骨細い人もいるみたいでそうなるとインプラントができないこともあるそうだが、顔でかい拙者は当然外枠の骨もしっかりしている。問題なかった。

拙者はチタンなんだけど、今は親和性激高のジルコニアのやつもあるらしい。

ということで昨日無事終えて参った。

ここから土台が安定して物が噛めるようになるのは春ごろとのこと、、、

まだまだ先でござるが、これ以上虫歯増やさぬように歯磨き頑張ろう!

そもそも虫歯じゃなければ、早めに歯医者行けばここまではならなかったはずなので!

高い授業料を無駄にしませぬように。。

・・・今日はこれにて鎖国!!

日々の暮らしの最新記事