会いに行きます 其の十

IBDの方に会って色々聞いてみよう第10弾!!

第10弾!二桁突破!     めでたいーー‼️聞き手としての成長を実感しながら…     侍インタビュアー目指して参りますぞ!      
さて本日交流していただく方は   O殿(7年、小腸-大腸型)  

いつもご指定いただいた場所に向かうんでござるが、此度はかなーり近所の場所を指定されて、だいぶ配慮してくださったのかなあ、、と思いきや、

ただ家が近かった!!    

めちゃくちゃ近所!

発症は20年以上前。

現在40代半ばのO殿。     最初に気づいたのは20年以上前、20代前半の社会人の時にまで遡る。    

腹痛や下痢の症状があったそうだが、まあ収まったりするので放置していたのだが、20代後半の健康診断にて    

「血便出てますよ、一度現在しませんか?」    

と言われる。思えば貧血だったり、立ちくらみが時々あったので、診察を受けてみたが、特に原因たるものは見つからず。  

胃腸薬を処方されるも全然効かなかった。  

下痢も多いし、おかしいなあ…   と思っていたが、ほっとくと収まったので、病院はそれっきり。
     

初入院。

しかし今から6、7年前のこと、強烈な痛みに襲われる。人生初めての40℃超えの高熱。調べて病院行ったらクローン病の疑いということで初入院。    

絶食、点滴で1か月〜1か月半過ごし、体重は8kg減。    

小腸に狭窄(通り道が狭くなっちゃうこと)があり、瘻孔(腸もしくは他の臓器や皮膚にくっついちゃうこと)はだいぶ悪化していたということで、、    

IBD LIFEより

専門の病院に転院してすぐ手術に。  

小腸ねじれて狭窄多々あり、70cmくらい切除。    

その時の写真拝見したが、ねじれがすごくて、「これは食べ物通っていかないよ、、」という状態でござった。    

このあたりでクローン病が確定して結局入院は3〜4か月になったそう。    

術後は概ね落ち着いているが、「日常的に下痢があり、トイレの回数は多いです。」と言うこと。
   

食事に関して

あまり気にしておらず、脂身は外すものの豚カツとかヒレ肉は召し上がると!     好きなメニューはずばり『シーチキン+そうめん』❗️  

ただゴボウやとうもろこしなんかは消化されずに出てきちゃうそうで、繊維物には気を配っている。

酒やタバコはやっておらず、成分栄養剤も今は飲んでないとのことでござった。

元々お菓子好きで、スナック菓子食べるのが好きだけど控えているということで、    
『気にしてないけれど、自分なりのブレーキはしっかりかけられるようになった』    

現在

運転に関わるお仕事されていて、まあまあ自分のペースでできるし、

「運転が好きだから好きが仕事の一端を担っているので、ストレスは軽減されていると思います。ただ接客はストレスたまりますけどね笑」   と仰ってました。

    病気に対しての怖さはあまり考えてないけれど、自分の寿命ってどれくらいなんだろうとか近い未来のことは考えるようになったと言います。    

普段通りの食事と医者に通って維持してるということで、手術してよかったし、入院中同部屋の方が『薬飲んでなかったら再燃した』という話聞いて、自分は薬飲もうと思ったとかうまく取り入れている印象でござった。    

奥様には以前から何でも話していて、家族の支えに本当に感謝してらっしゃいました。

「家族のおかげで節制できているのもあるよ」

これは本当同感‼️       筋トレされていていい身体しておられました!落ち込んだら筋トレすればいいんだよって言ってくださいました!!

前向きな方でストレス溜めないような他人との向き合い方をなさっているんだなあとひしひしと!    

O殿かたじけのうございました!!

ご興味ある方はトップページの会いに行きますについての概要覧より!

…今日はこれにて鎖国!       

クローン病の最新記事