会いに行きます 其の二十三

IBDの方に会って色々聞いてみよう第二十三弾!!

今日お会いした方はY殿!(小腸大腸型、一年半)

高校卒業間近、違和感。

高校3年の3月ぐらいに痔っぽくなったなあと感じ始めた。大学入学を機に状況。

大1の夏ぐらいに痛くなって、ネットで調べたりし、病院を受診。

2件目の病院でもしかしたらクローン病かも?と診察を受ける。

結果は痔瘻で「手術しない?」と言われたが、今までに入院、手術したことがなかったY殿。

手術はちょっと・・・と思い、そのままにしておりました。

そうしたらその年の12月に再発!

痛いときは38度の高熱が出て苦しかったそうですが、病院で膿出したら症状が落ち着いた。

アルバイト先には言えず、薬飲んで無理やり行っていたそう。

意を決して・・

大2の夏に意を決して手術を受けることに。夏休み直前の学生にとっては一大行事、テストの期間中に高熱出たけど、ロキソニン飲んで乗り切り、夏休み突入!!

8月末に2泊3日その際の入院と一緒に胃カメラと大腸カメラの検査。手術は無事に成功したが、途中で麻酔が切れて痛くなって。。と申しておりました。想像しただけでもイテテテ!でござる。。

胃カメラ→キレイ 大腸カメラ→少し荒れてるね
という検査結果。

自分で色々調べたが「この年で難病なの??」「まさかねー。」「でも症状あてはまるの多くない??」って感じでなんとなく覚悟はしていた。

看護学生で「入院が逆に勉強になるかも!」ですって!前向きーーー!!

退院、そして確定診断。

退院して9月。バイト休み、学校もないから術後はゆっくり静養したそうです。

↑休む期間を計算に入れて自分で計画したのアッパレ!!これは学生生活送る方には参考なりそうですな。

9月中旬に確定診断(小腸大腸型)。

小腸カプセル内視鏡をしたが、プレを家でやって飲みづらいなあと思って実際やったら小腸の中がボコボコだったという。

食事あれこれ

「めちゃくちゃ気をつけています」

実家のお母さんが調べて本をはじめ色々送ってくれ、上京先では同居している祖母が食事作ってくれるし、自分でも作るようになった。

お菓子大好きだったが、食べられるお菓子に変更。プリン、鈴カステラ、グミ、せんべい。

当時はステーキ屋で働いており、近くにデパートがあるから週末には祖母がお肉買ってきてくれたりしたがそれもなしに。

ただ食べられなーい!っていうよりは工夫すれば食べられるものが多いという考え方。「普通の人は食べ過ぎなんですよ」とも。

確定診断受けた時の心境はズバリ!

「あれ食べときゃ良かった!!」

これわかる!!拙者も近くの雰囲気のいいラーメン屋にいつか行こうと心に決めていたのに結局行けないってことになったしなあ。

でもうどんや焼き鳥、寿司など自分で食べられるもの見つけたら楽しいと気持ちが変化。

ただ女子会はうらやましいのですって。

大学の友達は看護ということもあってか理解を示してくれており、食事行くときも選んでいいよって言ってくれて、地元の友達にも何人かには伝えている。

落ち着いた日々を過ごしていたが、、

2019年5月

5月、大型連休開けくらい。令和成り立て。それまで気をつけていたが10連休ディズニー行ってハンバーガー食べたり、地元に戻りタピオカを自作で作って飲んでいたら何か違和感を感じた。

翌日明け方、気づくとお腹がパンパンに膨れていた。

朝イチに地元から車で病院に。車中ずっと気持ち悪い状態。

レントゲン撮ったら「ニボー像が出てるね」

拙者なんかは「???」なんだが、Y殿は「授業でやったやつー!」さすが!!

 ニボー像・・・腸管内にガスと液体がたまり、その境がX線に鏡面像として水平に映し出されたもの

つまりは腸閉塞を起こしていた。

3泊4日の絶食入院。
「どうしたら退院できますか?」って聞いたら
「ガス出せたら退院できますよ」

→ガスの出し方調べて自力で出して退院。

その足で学校に課題出しに行ったというパワフル町娘!

ここまでペンタサだけで過ごしていたが、ここでエレンタール登場。1日6包という最初からハードル高すぎ晋作の飲み方。

「クソマズでした」

その前飲んだのタピオカだもんなあ、そりゃそうか。

現在

後に1日3包に。薬はペンタサ、大建中湯、ガスター、そしてステラーラ。

エレンタールは太っちゃったからやめちゃったと。女性はこの理由多いですな。

今は落ち着いて日常生活問題なく送れているが、看護師になって夜勤が入ってきて生活が不規則になってきたらどうなのかという不安がある。

SNSは潰瘍性大腸炎とクローン病の人の情報は仕入れているが、交流するわけではなくただ見ている感じで使っているそうです。

就職のときに病気のことを言うか言わないか迷っていたけれど、学校の先生から

「ちゃんと伝えればむしろ強みになるよ」って言われて自信に。

ポジティブに考えるのが得意になって、仕事に逆に活かせるようになってきたとも。

例えば
文句言ってこられた場合、
→昔は「イヤだなー」
→今は「この人は他にいいところがあるんだ!」と思うように。

見習いたいけど、拙者は根が腐っておるのでその域は、はるか高みにござります・・・

ストレスの対抗策として人間関係の距離感をうまく取るようになり、俯瞰で物事を見れるようになったとも。

かかりつけの先生とは普通に話せる関係を築けているという、

これ何気に超大事!!「ハイ、アンダーライン引いとくよ−に!!」

おすすめ品物!!

Y殿が手放せないものがこちら

https://www.rakujiro.com/

これめちゃくちゃよき品らしき故、ご興味ある方いらっしゃったらとのこと。

夢、目標

最後に夢や目標伺ったところ国試に受かって看護師に!!

海外のディズニーに行ってみたい!!

死ぬまで寛解維持したい!!

すごく前向きで元気な気持ちにさせてくださったY殿、かたじけのうございました!!

このように会いに行きますという活動ほそぼそとやっておりますのでご興味あればトップページの会いに行きますについてご覧なってみてくだされ!!

・・・今日はこれにて鎖国!

クローン病の最新記事