会いに行きます 其の四

IBDの方に会って色々聞いてみよう第四弾!

さて、同じクローン病の人に会いに行きます企画!
本日お会いしたのは27歳、K殿。

ハキハキしたさわやかな方!  
 

異変は今年3月。

下痢、下血、倦怠感が一ヶ月続き、1時間おきにトイレに駆け込む日々。     病院に行くも、処方されたのは下痢止めだけで、40度の高熱が出て四月に一週間入院。

そしてクローン病と診断された。    

小腸-大腸型で主に大腸に潰瘍ができ、CRP(炎症値)はひどいときは20いっていたそうでござる……(通常は0.3以下、風邪ひいたときのダルさで2〜3と言われておる)    

20は壮絶な痛みだったはず。

ひと月で体重は10kg近く落ちたが、幸いにも発見→治療が早かったということで今は飲み薬だけで落ち着いているということ。
   

食事あれこれ

K殿に食べたらちょっとダメなもの伺ったところ  

「うーん、キムチと朝マックですかねえ…」    

あ、朝マック!??ってことは昼マックや夜マックは大丈夫なのか???

大丈夫だそうでござる!!    

背脂チャッチャッ系でなければラーメンも食べることもあるのだとか!!    

ただその次の食事はエレンタール(成分栄養剤)飲んで休ませたりして調整している。    

以前よりは少し気にするようにしてますけど、あまりガチガチに脂質取り締まり奉行ではないそうで!    

むしろ、脂質気にして健康的な食生活になったというとで!!    

お腹も下してないし、経過も順調だそうで恐れ入り申す、、、、    

個人差ありますからな、大丈夫な人は寛解時はほぼ以前と変わらぬ食生活されてる方もいらっしゃるのでござるなあ……        

とはいえ、以前より身体の変化は気にするようになった。

当初は

何でオレにきたんだよ!

という悲劇のヒロインのような気持ちになり、整体で腸のマッサージしたり、温泉行ったりしたそうですし、  

薬飲んでていつまで飲まなきゃいけないのかな、、考えたらずっとかー、という結論に達するとやっぱり病気なんだなと実感する日々過ごしたということでござった。    

でも現在は割と自由に生活されてるということで、今まで連絡取った方の中で一番寛解時の自由度は高い印象でござった!    

これが長く続きますように!!    

K殿、お会いしていただきかたじけのうございました!!                

…今日はこれにて鎖国!       

クローン病の最新記事