会いに行きます 其の六

IBDの方に色々会って聞いてみよう第6弾!!


今回は格闘家の征矢貴選手!!(大腸型)  

RIZINなどでも活躍しておる、現役バリバリの強者でござる!顔出し了承してください申した!
   

神対応。

拙者が知ったのは今年6月、RIZIN16に出るという話を知人から伺い、しかも同じクローン病であるということを聞いたものだから、いてもたってもいられなくなり、矢文を送ってみたところ、、試合前日にもかかわらず、連絡返してくださり申して、そこからしばらく経ち、会いましょうという話になり、実現したという次第。    
 

発症。

征矢選手は18歳くらいの時に痔瘻になり、一日トイレに何回も行くという生活だったそうでござるが確定には至らず。    

20歳に痔瘻の手術をし、一時良くなったそうでござるが、2年前の5月に入院、6月から症状がひどくなったそうでござる。    

下血や大腸の狭窄などありとても辛かったと仰っておりました。このあたりでクローンと診断され、ペンタサやステロイド処方されるも効くのあったり、効かないのがあったり、、ということで寛解状態には一応なったそうでござるが、

『リングに戻るには100%じゃなきゃいけない』

ということでよくなる方法を模索しておったそうです。
   

再びリングに戻るまで

病気を公表したことで色々な情報が集まってきた。

免疫高めるために陶板浴だったり、キノコのお茶を飲んだりと当時は試しに試した。しかし決定的な効果は得られず。    

そして、関西のとある病院の情報を得て、そこに通うようになる。そこの先生の書かれた論文読んだり、とにかく治して復帰せねばという一心で情報を調べておったそうです。    

そこの先生の治療で、よくなり、今年1月くらいから練習再開。

そして6月に2年ぶりの復帰戦KO勝利!!
     

どうやって鍛えているの??

RIZINより

いい身体!!!だけど食事やカロリーたくさん摂取したり、腸に負担かけそうなイメージがあり申すが・・・

食事はステロイドや薬使っていた時はエレンタール やサプリメントでトレーニングをしておったそうでござるが、今は特に制限を設けていないとか。  

お酒はほとんど飲まず、ラーメンなどの脂質高めのものは元々召し上がらないそう。    

けど身体はパンパンで、どうやって鍛えてらっしゃるのか伺うと、

サプリメント、ウエイトトレーニングは行なっておらず、スパーリングなどの練習とイチロー選手などが実践していた初動負荷トレーニングのみで強化しておるとのことでござった!      

IBDは軒並み身体の線が細くなりがちなので、大いに参考させていただきとうござる!!      

メッセージ

『治療は自分に合ってるかどうかをしっかり考えてから』    

というのと、ストレス溜めぬために対人関係も変え、ネガティブな空気を発する人からは遠ざかり、ポジティブな人と接するようにしたそうで、    

『結局、病気を治せるのは自分自身しかいない!』    

ということでござった!     すごく考えも前向きな方で、   病気であることも利用してやりますよ!笑   と仰っておりました!!        

年末のRIZINも出るでしょう!たぶん!!     無事にリング降りてきてくだされば、それだけで嬉しいですが!これからも応援して参りますよ!      

征矢選手!かたじけのうございました!!    

顔の大きさの違いに驚愕。

ご興味ある方はトップページの「会いに行きます」 概要覧ご覧くだされ!  

今日はこれにて鎖国!

クローン病の最新記事