完成

自家製セイタン(グルテンミート)をこしらえる。

完成

セイタン作りにリベンジ!!

気にしてはいたが、昨年大失敗に終わったセイタンをこしらえた。

今日のごはん

朝:無脂肪ヨーグルト、エレンタール、セイタン
昼:あんこトースト
夜:ごはん味噌汁、鶏むね肉のトマト煮、ゆでラディッシュ

セイタンって??

グルテンミートとは、グルテンを主原料とした加工食品である。日本国外ではセイタン呼び名の方が一般的である。グルテンは、水で練った小麦粉に含まれるタンパク質の一種。肉の代用品に利用される。

wikipediaより

つまり、

小麦粉から作った肉!!

タンパク質は豊富だけど、動物性脂肪は入っておらず、ベジタリアンの人たちでも大丈夫なものらしい。

前回はおやきみたいな固さで撃沈されたわけでござるが、此度はどうか。

いざ。

材料は

  • 小麦粉1kg
  • 水500g
  • 塩少々

以上。少ない!!

粉

まずは小麦粉に水を何回かに分けてなじませていく。

ボウルが小さすぎたので移動。

練る

捏ねる。粉状のものが残らないように捏ねる。けっこう力仕事。

フードプロセッサー使ってやる方法のほうが楽だし早いとか城下町の者が言ってた。

寝かせる

形作ったら寝かす。これでグルテンが作られていくんだとか。
30分から1時間くらい寝かすらしい。けっこう時間の幅ある!!

ここを寝かしすぎると固くなるらしいので二度寝注意。

寝かしつけを起こしたあとは。。

ひたすらじゃぶじゃぶ洗っていく。

水で洗う

素朴な疑問で

「洗うと溶けてなくなるのでは??」

と思っていたが、結論から言うと、

「小さくなるけどなくなりはしなかった!」

柔らかく

「透明になるまで洗う」と書かれてあったが、水が透明になる気配はまったくない。想像できない。

水の濁りも少しずつ

洗って水が濁ったら捨て、を繰り返していくと、ちょっと大きな弾力性のあるそぼろみたいな感じになってくる。

終りが見えてきた

まとめるとぐにぐにしてるけどかまわず洗う。するとぶよぶよしてくるが、まわりのぬめりがなくなってくるような感じ。ひらがな多いな。

するとこうなりもうした。

たぶんできあがり

おお!なんかつみれとかハンバーグみたいな見た目に見えなくもない!!

ただかなり小さくはなってる。4分の1か5分の1くらい。

調理そして実食!

酒とみりんと醤油で味付けし、山椒ぱらり。

完成

おお!それっぽい見た目!

気になる味は・・・

完全にお麩。

めちゃくちゃ弾力ある。弾力あるはんぺんのような雰囲気も。
濃いめの味付けにしたけど中心までは味が染みていない。

調理法の多くはまとめずバラバラにした状態でポロポロ炒め、そぼろのように調理したり、衣つけてカツのように揚げたり、が多かったでござる。

ハンバーグ状にしての調理だったので「肉か?」と問われると正直ちょっと微妙かなと。

もうちょっと小さく、細かくして、味をよく染み込ませれば肉っぽさは出るのかもしれぬ。

あと特筆すべきはこれで

めちゃくちゃ腹持ちがいい。

朝食べたら昼飯ほぼいらずだった。

まとめ

  • 小麦粉だけなので材料費がたいそう安い
  • 肉に比べ脂質少ないのでクローン病でも食べて大丈夫な人もいるかも
  • 洗い終わりがわからない
  • 調理法によっては食べづらい
  • 時間と手間と片付け考えると、「大豆ミート」買っちゃうか、鶏むね肉おとなしく食べてるほうがいいかも(個人的には)

何事も経験!興味ある方は作ってみたらいかがかな??

・・・今日はこれにて鎖国!